ワイヤーカット放電加工機は様々なメーカーが取り扱っていますが、大きく、汎用加工機・高精度加工機・超高精度加工機に分けることができます。

汎用ワイヤーカット放電加工機は精度があまり要求されない部品加工に使われています。例えば、公差のゆるい部品の穴加工・形状加工や、板金加工において複数枚の抜き加工を行う場合に、鋼板を数枚重ね合わせたものをワイヤーカット放電加工機で切る、といったケースです。加工精度はおおよそ±0.01mm程度となります。

続いて高精度ワイヤーカット放電加工機ですが、これは、±0.005mmの部品加工や金型加工に用いられるもので、汎用加工機と大きく違う点はピッチ精度も±0.005mmの加工ができるので、プレート加工にも用いられます。ちなみに当社では、高精度な加工にお応えすることが多いため、汎用加工機は保有しておらず、すべて高精度ワイヤー放電加工機以上のものとなっています。なお、小型のワイヤーカット放電加工機の方がより精度が出しやすくなります。

そして、超高精度ワイヤーカット放電加工機は、±0.002mmの精度で加工ができるものであり、汎用加工機・高精度加工機と比較して、機械自体の剛性も非常に高く、機械自体に温度変化が生じないようにするシステムも導入されております。さらに加工機によってはヘッド部分が門型になっていることで剛性を高めているものもあります。加工精度もさながら、ピッチ精度・面粗度も高いのが特徴です。当社では、超高精度ワイヤーカット放電加工機を水仕様・油仕様の双方とも保有しており、お客様のご要望(主に面粗度)によって使い分けて加工品をご提供しています。

超硬加工.COMを運営する㈱キンコーでは、高精度および超高精度のワイヤーカット放電加工機を用いて、お客様の精密加工ニーズにお応えして参ります。ワイヤーカットだけのご依頼でも対応しておりますので、お気軽にお問合せください。